TEL ネット LINE

交通事故に遭ったら | 宇都宮市の優良事故治療認定院 宇都宮交通事故・むち打ち治療院

Blog記事一覧 > 交通事故の相談 - 宇都宮交通事故・むち打ち治療院の記事一覧

交通事故に遭ったら

2023.05.27 | Category:

交通事故に遭ったら

  • ・急に交通事故に遭い、どうしたらいいのかわからない
  • ・交通事故の保険に関する説明をしてほしい
  • ・保険屋さんとのやりとりがわからず、相談したい
  • ・病院に通院しているが、整骨院でも診てもらいたい
  • ・レントゲンでは異常がなかったが、痛みが残っている

 

交通事故に遭った際の流れ|宇都宮整骨院/鍼灸院

交通事故はどんな状況でも起こります。相手がいることなので、ご自身が気をつけられていても事故は起こりますので、事故にあった際の流れはわかってくとよろしいかと思います。

交通事故に遭った被害者の場合、やることとしては、相手(加害者)の確認、怪我の状態の確認、車両の確認となります。

①加害者の確認

②警察に連絡する

③加害者の情報の確認

④怪我の状態の確認

⑤保険会社への連絡

⑥車両の確認

①〜③相手(加害者)の確認と警察への連絡

まずは加害者の方の確認をしてください。

加害者の方と話ができた場合、自分たちで解決させようとせず、必ず警察を呼び、事故処理をしてください。警察を呼ぶことでしっかりと事故としての処理がなされますので、相手とだけ交渉は絶対にしないでください。

相手の連絡先、相手の保険会社の連絡先は最低限聞くようにして下さい。

相手の保険証券や車のナンバーを写真で撮れると理想的です。

④怪我の状態の確認

事故後に痛みが強い時は、すぐに救急車を呼んでください。

事故後はあまり気づかなかったが、少しづつ時間が経過するにつれて痛みが強くなってくることがあります。その場合はすぐに怪我の専門家である病院または整骨院にご相談ください。事故から期間が経過してしまうと事故の怪我とみなされなくなってしまいますので、少しでも痛みや不調が出た場合はすぐにご相談ください。

⑤保険会社への連絡

保険会社への連絡をすることで、交通事故に対して保険を使うことができます。

自分が全く悪くない完全な被害者の事故(10:0の事故)の場合は、ご自身の保険会社は関係なく、加害者側の保険会社とのみ連絡を取り合うようになります。

もし、少し動いていたなど過失がつくような事故(9:1や8:2の事故など)は、ご自身は被害者側ですが、少し悪かったということになりますので、ご自身の保険会社と相手の保険会社のどちらともやりとりが必要となります。

⑥車両の確認

車の損傷がどのくらいかを見て下さい。写真でキズやヘコミを保存しておくことが理想です。車の損傷によっては修理になるか全損になるかで保証内容が変わります。

交通事故に遭い、不安であればご相談ください|宇都宮整骨院/鍼灸院

上記の①〜⑥の流れで交通事故の手続きは進めていただければと思います。

初めての事故の方、事故の経験はあるが不安な方など、交通事故に関連することで私がわかる範囲であればご相談していただければと思います。私がわからない点は提携の弁護士にお聞きすることもできます。

交通事故に遭われて、お一人でどうしたら良いのかわからない場合は、宇都宮市の宇都宮整骨院/鍼灸院に一番最初にご相談ください。

自動車事故

2023.02.24 | Category:

自動車事故

・病院以外のどこで事故のケガ治療ができるか知らない

・むちうちと診断された整形外科で治療をしてくれなかった

・首のほかに頭痛や吐き気が起きるようになった

・治療をしたいが費用面が不安

・保険関係がよくわからないので相談したい

自動車事故によるケガ治療のポイントとは|

自動車による死亡事故は、車の性能が向上していることもあって年々減ってはいるものの、まだまだ人間が運転している以上ミスは誰にでも起こり得ます。

文字通り「不測の事態」が事故に遭った方全員には共通しており、事故に負ってしまうケガを予見することは不可能です。

そういったことを含め、事故に遭った際はなるべく早く治療を開始すること、それとケガの原因に見合った治療を行うことが何よりも重要です。

しかし、医療機関では「むちうち」、捻挫、打撲に対しての根本治療は行わず、薬の処方などの対処療法で済ませることがほとんどです。このような対処療法では、事故で負ってしまった骨格の歪みや頸椎のダメージは回復しません。

何よりも、根本治療を行うことができる整骨院で早期治療を開始しましょう。

自動車事故の根本治療は当院にお任せ下さい

交通事故による怪我の治療では、お身体の回復ももちろん大事ですが、見落とされがちな「心のケア」も疎かにしてはいけません。そこで、当院では交通事故治療に精通した経験豊富な施術者が在籍しており、心身両方のケアにあたらせて頂いております。

心の負担になりやすい保険関係の手続きを最後までサポートさせていただくことで、患者様は治療だけに専念でき、心と身体両方を以前の健全な状態を取り戻すことができるよう全力でお手伝いさせていただきます。

事故の状況を詳しくお伺いしたり、触診によって身体状態をしっかりと把握させていただくことから当院の治療は始まります。また、状態によっては炎症を落ち着かせる施術を優先させたり、凝り固まった筋肉を柔らかくしたりと、個々の症状に見合った施術プログラムをご提案させて頂きます。

そうすることで、症状の原因となっている神経の圧迫が解消して痛みが根本から改善していきます。

保険関係のご相談も当院まで|

また、当院では事故被害者の方であれば「自賠責保険を適用」することができ、同時に任意保険や健康保険を利用して費用負担をなるべく減らして治療を受けることが可能です。

患者様の中には事故後の保険の手続きの煩わしさから、「治るまで通う自信が…」「事故のショックで不安…」という方が多くいらっしゃいます。

そこで、患者様が心身ともに健康を取り戻していただくため、交通事故対応に優れた経験豊富なスタッフが、心の負担となりがちな保険手続きも手厚くサポートさせていただきます。自動車事故による様々なお悩みは、当院までご相談下さい。

交通事故

2023.02.24 | Category:

交通事故

・痛みで診てもらった病院で「異常がない」と言われた

・病院と整骨院の違いがわからない

・事故に遭っても痛くないので放置していたら数週間後に痛み出した

・痛みが治るまで治療したいがお金が心配

・病院は混んでいるのであまり行きたくない

痛みの有る無しに関わらず必ず受診|

交通事故に遭えば、必ず行うことの1つが「病院受診」です。

事故時に意識がなかったり出血が見られれば、救急車を呼び自動的に病院へ搬送されますが、痛みがない場合は自分で病院へ行かなければいけません。

そこで憶えておきたいのは、交通事故後は「痛くない」のではなく、事故による衝撃で脳が「アドレナリン」という物質を出し興奮で痛みを「感じていない」だけなのです。

事故の大小や規模に関わらず、身体には何かしらのダメージを負っています。

受けてしまったダメージを、自分で修復するのは非常に困難です。

そこで、事故に遭ったら痛みの有る無しに関わらず、専門家の力を借りて後遺症を残さない治療を受けるようにしましょう。

事故後の期間を経て症状が現れる

上述した通り、交通事故直後は痛みを感じにくくなっています。

そういった理由から、興奮が収まった数日から数週間経った頃に痛みが発出するケースが実は多いのです。

前もってこのような場合を想定して、事故後は必ず受診し検査を受けることが大切です。

内(外)出血や骨折などの異常を確認した後、整骨院で今度は身体全体の検査を受けましょう。

その理由は、医療機関での検査で異常が見られなくとも、実は骨格・身体のバランスが歪んでいることが多いからです。そういった歪みの放置は、痛み、こり、頭痛、吐き気、めまいなどの自律神経症状を引き起こすことがあるため細心の注意が必要です。

ですが、早期治療を開始すれば期間も短く済み後遺症の予防にもつながります。

交通事故に関するお悩みも当院まで

よくあるのが、事故に遭われた方が痛みを理由に医療機関で検査を受けても、「異常なし」で終わってしまうケースです。

「痛みを取るためにはどこに行けば…」と悩んでいる方は、ぜひ一度当院までご相談下さい。

当院は、事故による怪我の痛みや不調を根本改善することを目的とした整骨院です。

それと同時に交通事故に関する経験豊富なプロフェッショナルでもあります。

交通事故治療はもとより、治療に関わる事故後の保険関係の相談もお任せください。

当院では、弁護士や行政書士と連携しており、専門的な対応が可能であるため患者様は安心して治療にのみ専念頂けます。

自損事故

2023.02.24 | Category:

自損事故

・単車で単独で転んで「むちうち」になってしまった

・ブレーキミスでガードレールぶつかって調子が悪い

・治療を受けたいけど費用が心配だ

・自損事故で保険が使えるのかわからない

・病院では薬は貰えるが治療はしてもらえない

 自損事故とは?|

自損事故とは、「自分でガードレールにぶつかってむちうちに…」「自転車で溝に落ちた時に腕を骨折した」といったように、乗り物を運転している人が単独で起こしてしまった事故のことを言います。

当然、事故の相手はおらず、自身だけがケガをおってしまうので、ケガをさせた相手がいないことで安堵しがちです。

しかし、人通りのないところで事故を起こしてしまうと、第三者の手を借りることができないので大変危険です。

車の性能が向上していることで事故自体は年々減っていますが、まだまだ車を運転するのが生身の人である以上、ミスは否定できません。

自損事故のケガを放っておくと?

事故の大小や程度に関わらず、乗り物で走行中に何かしらにぶつかれば、身体には衝撃を受けるでしょう。

事故直後は痛みを感じず、2~3日様子を見て痛みや症状を感じなければ受診の必要性を感じないかもしれません。しかし、それは誤りです。

身体に異常が「ない」のではなく、実際は脳内のアドレナリン放出によって痛みを「感じなく」なっている状態なのです。

したがって、事故後数日~数週間経って痛みを感じる方もいらっしゃいます。痛みのほかに、頭、やめまい、耳鳴り、吐き気などの自律神経症状として出現することもあるのです。

事故のケガを治療を受けず放っておくと、症状が取らなくなって慢性化したり、事故の衝撃で生まれた歪みが神経を圧迫し、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛にまで発展することもあるのです。そこまで進むと、以前のような生活を送ることが難しくなってしまうでしょう。

自損事故の保険に関してもご相談下さい|

実は、整骨院で受けられる治療でも「保険適応可」となるという事実を知らない方は意外と多いです。

もし、事故被害に遭われた方であれば、自賠責保険を適用した治療が可能ですが、自損事故は対象になりません。しかし、加入している任意保険のプランによっては自損事故保険、人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険などの特約を適用して治療を行うことができます。

ほかにも、健康保険はどなたでも利用することができるので、負担を軽減させて治療を受けることも可能です。

当院には、交通事故によるケガ治療や事故後の手続きに精通したスタッフが在籍しているため、保険に関するお悩みや不安も気軽にお話し下さい。

頸椎捻挫・頸椎損傷

2023.02.24 | Category:

頸椎捻挫・頸椎損傷

・事故に遭って日にちが経過してあら首が痛みだした

・痛みで首を動かせず勉強や家事に支障が出ている

・事故後、目が霞んだり空耳が起こる時がある

・気付けば手がしびれていて掴んだ物を落とすようになった

・病院で薬はもらえるが、「治療行為」はしてもらえない

頚椎捻挫・損傷とは|

頚椎捻挫や頚椎損傷は、双方とも交通事故で起こりやすいケガといわれています。

そもそも人間の頚椎(首)は、頭部からお尻までに連なる骨の繋がりで、首を構成している7つの骨を指します。

頚椎が事故による不意の強い衝撃によってまるでムチのようにしなり、捻挫状態になることを頚椎捻挫と言います。これが俗に言う「むちうち」です。

また、同じく事故の衝撃で頚椎が脱臼したり骨折したり、捻挫以上に大きなダメージを負うと頚椎損傷と呼びます。

なかには、頚椎の損傷が激しく中の“頸髄”と呼ばれる神経までもが傷つき、首から下に麻痺が残ってしまうケースも決して少なくありません。そういった意味では、頚椎は身体の中においてもかなり重要な部分なのです。

 もし、頚椎捻挫や頚椎損傷を放っておくと?

仮に、交通事故で負ってしまった頚椎捻挫・頚椎損傷をそのまま放置しておくとどうなるのでしょうか?

事故で受けたダメージを庇おうとして、周辺の筋肉が無意識に頑張りすぎて硬く強張ってしまいます。やがて周辺を圧迫するほどになってしまった筋肉は、その中を通る血流を阻害して冷えやしびれを引き起こします。

更に放置すると、今度は自律神経を乱して頭痛、耳鳴り、冷え、吐き気、不眠などの不快な症状に長い間悩まされるようになり、次第に生活や仕事にまで支障をきたしてしまいます。

したがって、事故で負ってしまった頚椎捻挫や頚椎損傷をそのまま放置することは厳禁だと言えます。

当院の頸椎捻挫・頸椎損傷への施術|

当院は、整骨院なので病院にあるようなレントゲンを撮ったり、また薬を処方したりする「医療行為」ができません。しかし、当院では個々の身体状態を詳細に見極め、どこが根本原因となって痛みが生じているかを探求する、「東洋医学的思考」を基にした頚椎へのアプローチを行います。

当院で行う施術は、まずはお身体全体の状態を細かく検査し、歪みが見られれば矯正していくものです。

手技によって強張ってしまった筋肉を柔らかくしてそれを保つことで、乱れた神経や血管への圧迫を正し症状を改善します。

「頸椎捻挫・頸椎損傷の根本治療を受けたい」「不快な症状を改善したい」とお悩みの方は、一度当院までご相談下さい。

自転車事故

2023.02.24 | Category:

自転車事故

・自転車で転び膝を打って痛みが取れない

・急ブレーキをかけた際に自転車から放り出された

・車とぶつかってしまったが怖くて逃げてしまい、病院で受診していない

・自転車で転倒した際に手を付いて痛む

・自転車事故で負ったケガについての保険について詳しくない

 自転車事故の特徴|

自転車は燃料や広い駐車スペースがいらないエコで便利な乗り物です。

子どもからご高齢まで手軽に運転できるという利便性を兼ね備えていますが、反面、ひとたび事故を起こすとリスクの高い乗り物でもあります。身を守る防具がヘルメットだけと言う点がネックで、車体の軽量さから他の乗り物と接触した際には身体が投げ出されてしまったり、車体や地面に打ち付けたりと、ケガの規模が大きくなるのが自転車事故の大きな特徴とも言えます。

したがって、地域によっては自転車保険への加入が義務付けられていますが、広く浸透していないのが現状です。当然ですが、大きなケガをした場合は治療費がそれだけ高額になります。日常的に自転車に乗るという方は、自転車保険への加入をお勧めします。

 自転車事故で負ったケガを放置すると?

上述した通り、自転車で事故に遭うと体を保護するものがないので、衝撃を直接受けてしまいます。その結果、むちうち、打撲、骨折などの重症を負いやすいです。

しかも、事故後は心臓の鼓動がやまず脳も興奮状態に陥り、その為に痛みを感じにくくなっています。そういった理由で放置して受診が遅れると、内出血や隠れた骨折に気づかなかったり、体の歪みが生まれてしまい、生活に支障が出てしまいます。

自転車事故に遭った場合、痛みの有無に関わらず必ず病院で受診し、治療を行うことが望ましいです。

 自転車事故の治療は当院まで

年齢を問わず起こりうる自転車事故に対し、当院ではお子様からご高齢の方まで身体の不調を改善するため、【ケガの根本治療】を行っています。

施術者は、全員が柔道整復師と呼ばれる国家資格を持っており、身体構造や痛みが生じる仕組みまでを熟知しています。

病院での検査上、異常が見られない場合でも、柔道整復師がお身体に触れると、歪みを確認することができ、硬くなってしまった筋肉が神経を圧迫したりしているのがありありとわかります。

当院では、治療の他にもケガを負っている際に動かすことができなかった筋肉の回復を図るリハビリを行うことも可能です。これまでに培った専門知識をフルに活かし、患者様の機能回復のお手伝いをさせていただきます。

さらに、自転車保険に加入の方には保険の手続きも手厚くサポートさせて頂きます。

自転車事故に遭ってしまい、身体不調でお悩みの方は当院まで気軽にご相談下さい。

整骨院と整形外科の違い

2023.02.24 | Category:

整骨院と整形外科の違い

・痛みが原因で受けた病院検査で「異常無し」と言われた

・痛みに耐えられなくなってきた

・鎮痛剤は飲み続けたくない

・湿布薬を使うと冷えるので使いたくない

・整骨院への一歩を踏み出せない

現代の医療機関の根本とは?|

病院や整形外科では、例えば交通事故に遭われた患者様に対し、画像検査(レントゲンやMRI)などをはじめ、状態や必要に応じて血液検査などを行います。それらの結果や数値で病名を診断しますが、そこで問題が見られない場合は「異常なし」と言われて終わってしまう場合も少なくはありません。

「痛むのに異常無しはおかしい」「塩対応では?」と疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、そういった病院の反応の背景には、【西洋医学】という考え方があるのです。

西洋医学では、病気や痛みの元を検査によって見つけ出し、主に投薬などで治療を行います。そこで、検査をした上で異常を見つけられなければ、その「痛みに対して」対処するほかないのです。

それが湿布や鎮痛剤の処方となって現れているだけなのです。

よって、痛みがあるのに原因を見つけられない患者様に対して行う処方は、病院や整形外科では、ベストを尽くしていると言えるでしょう。

整骨院と医療機関の違い|

現代の病院や整形外科が【西洋医学】を基にして発展してきた分野ですが、整骨院は【東洋医学】が基にある分野です。

東洋医学では、個人の身体を詳細に観察することで不調の根本原因がどこにあるのかを突き止めることができます。

したがって、西洋医学視点から見ると「その根拠は?」と思われがちですが、東洋医学では正常な身体状態と比較することで、痛みの原因を突き止めることができるのです。

例えば、病院や整形外科で治療を行うこと(原因を見つけること)ができない「むちうち」に対し根本治療が期待できるのも痛みの根本原因を取り除くことができる「東洋医学=整骨院」ならではです。

かと言って、西洋医学と東洋医学は相いれない学問ではありません。痛みの強い「むちうち」の治療に対し、整骨院では根本治療を受けつつ、一方では整形外科で痛み止めの処方を受けること。つまり併院が可能です。

整形外科と整骨院、つまり東洋・西洋医学の“良いとこ取り”をして回復を加速させることもお勧めします。

「むちうち」治療は当院まで

当院では、事故などによる「むちうち」を根本から原因解明し改善することができる整骨院です。交通事故でのケガや手続きに経験豊富なスタッフが在籍しており、これまでに多くの施術を行ってきました。

交通事故でのケガや、異常が見つからない不調でお悩みの方は、一度当院までご相談にお越しください。

整形外科との併院

2023.02.24 | Category:

整形外科との併院

・事故からしばらくして首が痛みだした

・頭痛やめまいも起きる

・気候が変わると体調を崩しやすい

・整形外科に通っていたが半年で治療が終わってしまった

・整骨院で治療したいが病院の薬もほしい

併院で治療が受けられる|

「最後まで治療したいけど病院の薬は切りたくない」「整骨院で治療を受けながら定期的に病院検査を受けたい」といった声を耳にすることがありますが、医療機関に通いながら整骨院で治療を受ける可能です。

医療機関には医師や他職種が働いていて、レントゲン・CTMRIなどの画像検査をはじめ、血液検査や手術、投薬や薬の処方などを受けることができます。強い痛みを緩和することのできる鎮痛剤を処方できるのは医療機関のみです。

一方、整骨院ではこのような医療行為や薬の処方は行うことができません。しかし、「柔道整復師」、「はり灸師」などの国家資格所有者が担当にあたり、医療機関では異常なしと判断された症状の原因を探り改善を図ることができます。

したがって、検査や薬の処方は医療機関で受けて根本治療は整骨院でといった【併用】が可能なのです。

交通事故後はまず病院へ|

交通事故によるケガの代表が「むちうち症」です。

事故による衝撃とショックで脳がパニックに陥り、それらの痛みを感じにくくなります。

そういった理由から、「痛みが無いから大丈夫でしょう」「大した事故じゃなかったから」と、受診すらしない方もいらっしゃいます。

交通事故後は、隠れた骨折や脱臼、または身体の内出血を起していたりする可能性があるため、症状の有無に関わらず、必ず医療機関を受診して異常がないか確かめましょう。

整骨院で根本治療をするのはその後です。整骨院では上述した通り、医療行為・画像・血液検査はできません。まずは医療機関で検査と診断を受け、その後に根本治療という次の段階へ進みましょう。

当院の交通事故施術

当院では、最初に患者様の身体状態を細かく把握するとともに、お悩みの症状や事故時の様子などをお伺いします。そうした結果をもとに、痛みを引き起こしている【根本原因】を探り出します。

原因が見つかればそれに対し3つのステップでアプローチさせていただきます。

  • 痛みを取り除く
  • 筋肉の柔らかさを取り戻す
  • 身体全体の調整

の順3ステップで治療を行うことで、患者様への負担を限りなく少なくしながら、身体全体の歪みを正すとと同時に、筋肉の柔らかさを取り戻し健やかな身体へと導きます。

当院では各種健康保険を適用した治療が可能です。さらに、交通事故の被害者の方には自賠責保険を適用しながら治療を行うことができます。

ほかにも、交通事故治療やその後の手続きに精通したスタッフが在籍しています。治療以外のお悩みも気軽にご相談下さい。

整骨院の上手な通い方

2023.02.24 | Category:

整骨院の上手な通い方

・病院で処方された薬が効かなかった

・痛みで検査を受けたが、結果「異常なし」と言われた

・異常がないので治療は行えないと病院で言われた

・このまま痛みに付きまとわれるのではと不安

・治療を受けたいがどうすればいいかわからない

病院のレントゲンでは「わからない」こと|

交通事故後に医療機関で受診すると、ほとんどのケースでレントゲン撮影を行います。

状態や場合によってはMRI検査を行うこともあります。

どちらも機械によって身体状態を把握できる検査に違いはありませんが、実は病院のレントゲンまたはMRIでは「わからない」ことがあるのです。

レントゲン:わかる=骨の異常 わからない=筋肉・軟骨・靭帯・神経の異常

MRI:わかる=筋肉・関節・血管 わからない=骨・神経・靭帯の異常

上述した通り、レントゲンやMRIでは靭帯や神経へのダメージを把握することは「できない」のです。その為、医療機関で痛みが実際にあるにも関わらず「異常なし」と言われるのは、あくまで「検査上は」異常がみつかりませんという意味なのです。

したがって、医療機関では異常が見つけられないので治療は行わず、薬の処方という対処療法で終えることがほとんどなのです。

異常がなくても痛みがある場合はどうすれば?|

病院や整形外科で検査を受けることは、ご自身が何かしらの不調を感じて受診されたことと思います。しかし、医療機関では「それ以上」の原因を探すことには限界があり、痛みに対する対処療法が限界なのです。

そこで、根本治療が唯一期待できるのが【整骨院】です。

痛みに対し根元から治したいというお悩みを抱えていらっしゃる方は、まずは当院までご相談下さい。

整骨院をお勧めする状態とは?|

現代の病院(医療機関)は、西洋医学を基に文字通り医療行為を行う場所です。

処々の検査結果をもとにして病気の原因を見つけ出し、投薬などで原因を解消します。

一方で、整骨院は古来から伝わる【東洋医学】を基にしており、柔道整復師や「はり灸師」があたるためにいわゆる医療行為は行えません。しかし、現代の医療機関の検査で究明できなかった原因を、東洋医学なら身体そのものに着目して見つけ出すことができます。

「どんなときに整骨院に行けば?」とお声の為に、以下に記します。

1.交通事故に遭ったあと

症状や痛みの有無に関わらず、必ず医療機関で検査を行うことが優先ですが、その後の治療は整骨院をお勧めします。なかには、医療機関と併院することで薬の処方を受けながら整骨院で治療をすすめることも可能です。

2.何かしらの不調があるとき

例えば、冷え・肩(首)こり・腰痛・むちうち・骨折後のリハビリなど、身体に何かしらの不調や痛みがある場合、整骨院では根本原因を見つけ出して治療を行うことができます。他にも、頭痛・耳鳴り、吐き気、めまいなといった自律神経症状に対しても治療可能です。

原因不明の身体の不調や痛みでお悩みの方は、当院まで気軽にご相談下さい。

交通事故治療の重要性

2023.02.24 | Category:

交通事故治療の重要性

・首の痛みがあるのに病院では「異常なし」と診断される

・事故後の手続きをしていたら受診せずに1週間経っていた

・薬では症状が改善しない

・湿布薬では痛みが引かない

・治療を受けられる所を知らない

交通事故治療の大事な要素は2つ|

予期できない交通事故によって皆パニックになってしまい、事故後の手続きを終える頃には、誰もが疲労してしまい気付けば病院の受診を後回しにしがちですが、交通事故治療に対し大事な要素は2つあります。

要素1:受診は1週間以内が鉄則

事故直後に医療機関へ行くのが基本です。その理由は、直後は無症状でも身体の中で内出血している場合もあるからです。そのような隠れたケガの発見に繋がると共に、治療が早ければ早いほど後遺症のリスクも減らすことができます。

自賠責保険の補償制度を基に考えると、遅くとも事故後1週間以内に医療機関を受診することを強くお勧めします。自賠責保険は実は補償がかなりシビアで、事故から1週間経過すると「適応外」となることがあります。さらに、事故から2週間も経過してしまうと事故との因果関係そのものを否定されてしまい補償が受けられないことがあります。

したがって、事故後は症状に有無に関わらず受診することを忘れないようにしましょう。

要素2:後遺症には根本治療

交通事故で負ってしまうケガの代表例としてむちうち症(頚椎捻挫)があります。

これは病院などの画像診断では異常を全て見つけることができず、痛みの対処としてのみ痛み止めなどの処方で終了してしまうことが多いです。

よって、痛みがその時は落ち着いても根本治療とはなりません。湿布薬でも同様です。

適切な治療を浮かない限り、事故で負った身体のケガや歪みは大きくなり、頭痛・めまい・耳鳴り・冷えなどの自律神経症状に繋がります。

後遺症対策には、身体の歪みを矯正し根本治療を心掛けましょう。

むちうち治療のカギは初期対応|

むちうちは頚椎が事故の衝撃で捻挫することを指しますが、頚椎は胸椎・腰椎・尾椎と連なりそれ故に症状は多岐にわたります。例えば、歪みが腰椎部分に進めば、椎間板ヘルニアやさらには坐骨神経痛を引き起こし、強い痛みや歩行・排尿障害を引き起こすこともあるのです。そこまでに至らないよう、ムチウチに対して初期段階で治療を行うことが重要なのです。

整骨院の治療も保険適応可です|

一般的なイメージとして、「整骨院=全額自費負担」と思われている方は多いにではないでしょうか?

当院は、事故被害者の方であれば、自賠責保険を適用して治療を受けることができます。

他にも、任意保険や健康保険を併用して自己負担をできる限り抑えて治療することもできます!

交通事故に遭って、症状を根本治療したい方は一度当院までご相談下さい。